chairman’s message

⾼野真
the best correlation and
positive causality

the best correlation and
positive causality

リンクタイズ株式会社
代表取締役会⻑

⾼野 真

m takano

message

メディアの持つ可能性に挑戦
雑誌からWebへ、イベントへ。
視野は世界へ

リンクタイズ株式会社は2019年5月、令和の幕開けとともに社名変更およびオフィス移転を行いました。また主要事業であるForbes JAPAN事業も2019年6月に丸5年を迎え、名実ともに第二創業の始まりとなりました。

思えば平成元年、バブルの頂点にあった日本の30年後の姿をだれが想像したでしょうか?少子高齢化、GAFAの台頭、中国の脅威などなど、令和の時代はこれまで以上に厳しい道が待っていると言わざるを得ません。

こういう中、日本が再び活気を取り戻すキーワードの一つが起業家精神だと思います。ある調査によれば過去50年間の主要国のGDP成長率と全人口に占める起業家の比率は相関性が高く、日本はこの比率が米国やイスラエルの半分程度にとどまっているとのことです。実際、アベノミクスが始まった2012年末から2018年末までの6年間で、創業50年以上続いた企業は雇用を510万人削減し、その一方でベンチャー企業は480万人の雇用を生み出したそうです。

2014年6月に創刊されたForbes JAPANはグローバルな視点、公平で質の高い情報、そしてデザイン性を重視したクールでクリエイティブなメディアを目指して活動をしてきました。そして日本が活気を取り戻すキーワードである多くの起業家やベンチャー企業を取材してきました。そこでの主なテーマはテクノロジー(Technology)、イノベーション(Innovation)、起業家精神(Entrepreneurship)、社会貢献(Social)です。

新社名のリンクタイズ(linkties)はこの4つのテーマ「TIES」を「LINK」させるという意味を持ちます。リンクタイズ株式会社は、Forbes JAPANをはじめとしたメディア事業で起業家を側面から支援すると同時に、自ら起業家となって事業を開発することにより、日本が起業家精神あふれる国になることへの手助けになればと思っております。

またリンクタイズ株式会社内で自ら起業家精神を醸成し、弊社から世の中に飛び出して起業して新規事業を立ち上げる。そんな起業家精神あふれる人材の集まりを目指します。そして、それが間接的にも直接的にも社会に貢献することにつながれば幸いです。今後ともForbes JAPAN共々、リンクタイズ株式会社をよろしくお願いいたします。

↑
↑