MESSAGE

-ボードメッセージ-

人も組織も走り続ける挑戦の道

皆さんが弊社に抱くイメージは『Forbes JAPAN』や『OCEANS』とリンクしているでしょう。『Forbes JAPAN』といえば、百年以上続く歴史がある洗練された存在。『OCEANS』といえば、たくさんのファンを獲得し大きな影響力をもつライフスタイルメディア。ですが、かつてリンクタイズが『Forbes』に携わった当時、すでに雑誌という産業が置かれていた状況は厳しいものでした。従来のビジネスモデルでは発展できない─そう確信して以来、私たちは挑戦の姿勢を貫いています。どの部署が偉いという風土を作らず、互いに対等な関係でノウハウを共有しあって歩む。その結果、一時は日本撤退した『Forbes JAPAN』を、リンクタイズは3年で黒字にしました。
「完成されたブランド」に身を置くのではなく「ベンチャー企業」として進化を続ける会社でありたい。現状に満足せず、挑戦し続ける人が集まる会社を目指しています。この理念を実現するため、私たちは「自走する人」を求めています。自走に必要なのはチャレンジ精神やポジティブな心、学ぶ姿勢です。
『Forbes JAPAN』『OCEANS』は、外からは非常にスマートで爽やかに映ることでしょう。ですが、私たちは常に泥臭くがむしゃら。だからこそ輝いて見えるのかもしれません。 先輩も上司も全力で走っていますので、ぜひ一緒に走りながら、様々な学びと挑戦を続けていきましょう。

(リンクタイズ 取締役社長 角田 勇太郎)
  • リンクタイズ株式会社 代表取締役CEO 兼 Forbes JAPAN Founder 高野 真

  • リンクタイズ株式会社 取締役社長
    株式会社ライトハウスメディア 取締役
    ベロシティ株式会社 取締役
    角田 勇太郎

  • リンクタイズ株式会社 取締役 兼 Forbes JAPAN 編集長 藤吉 雅春

  • リンクタイズ株式会社 取締役 CRO 兼 Forbes JAPAN 発行人
    株式会社ライトハウスメディア 代表取締役 兼 OCEANS発行人
    ベロシティ株式会社 取締役CRO
    上野 研統

  • ベロシティ株式会社 代表取締役 吉川 篤

  • リンクタイズ株式会社 取締役 CFO 牛久保 拓志